ご覧いただきありがとうございます。
はじめまして。遠藤大樹(ひろき)と申します。

現在は子ども達にスケートとホッケーを教えながら、微力ながらローラースポーツの普及活動のお手伝いをさせていただいています。
インラインホッケーはアイスホッケーのオフトレーニングとして生れたスポーツです。人数もアイスホッケーより一人少なく、体のあたりに対してのルールが厳しいので、アイスホッケーよりもソフトなイメージです。
大学生になってから始めるプレーヤーも多いスポーツです。

スケートとの出合いは9才のころ、家の近くのアイススケート場に新しくできたホッケーチームに親の薦めで入部したのがはじまりでした。

大学に入学と同時にインラインホッケーに転向し、毎年アメリカで開催されている、NARCh(クラブ世界一を決める大会)日本予選で2012年~2014年の三年連続で優勝。
2013 FIRS(現World Skate) Inline Hockey World Championship には日本チーム主将として参加。

また、ROLLER GAMES - FIRS(現World Skate) World Championships NANJING 2017 にローラーダービー女子日本代表チームコーチとして参加させていただきました。

2014年9月より現在の職に就き、児童施設で子ども達にスケートと、ホッケーを教えている関係で、リンクホッケーに関わるようになり、2015年よりリンクホッケーの活動を開始、2016年からはローラーダービーも活動を開始し現在に至ります。

いろいろなスポーツに関わらせていただく中で、何事もチャレンジしていくことが大切だと感じています。いろいろな知識や技術を身につけていくことが、この先の活動に繋がると信じています。

将来的にはスケート競技がもっと身近に感じてもらえるようにしていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

PROFILE

競技 インラインホッケー
競技拠点 東京都
競技歴 アマ15年

RESULT

2017年
  • WORLD ROLLER GAMES - FIRS(現World Skate) World Championships NANJING 2017 にローラーダービー女子日本代表チームコーチとして参加
2014年
  • NARCh日本予選優勝
2013年
  • NARCh日本予選優勝
  • FIRS(現World Skate) Inline Hockey World Championshipに日本チーム主将として参加
2012年
  • NARCh日本予選優勝